クラジミアの原因と潜伏期間

クラミジアの症状・検査・治療法

クラミジアとは?

クラミジアとは、クラミジア・トラコマチスというクラミジアの一種が性器や尿道に感染して起こる性病です。感染経路は、性行為、オーラルセックス、キスなどがあります。クラミジアは、性器だけでなく咽頭にも感染します。口づけ程度では、感染するケースは少ないですが、ディープキスでは感染率が高まるので注意が必要です。

クラミジアの症状は?

クラミジアの潜伏期間は数週間程度です。男性と女性では症状が異なります。男性の場合は、尿道から膿が出ます。痛みを伴うことがあり、症状の悪化具合により痛みには、個人差があるようです。また、排尿のときに激痛を伴うことがあります。女性がクラミジアに感染すると、おりものが増えることがありますが、他には、あまり自覚症状がありません。なので女性の場合、クラミジアに感染しても気づかないことも多いようです。

クラミジアの検査とは?

クラミジアは、とても感染力が強く、感染者と性行為をした場合の感染率は、50%程度とも言われています。淋病でも20〜30%という話なので、クラミジアの感染力がいかに高いかが分かるでしょう。そのため、日本でもクラミジアの感染者が年々増えています。その数は、100万人程度いるともいわれています。クラミジアの感染を防ぐには、コンドームの着用などが有効ですが、既に感染しているなら、早期に治療を施すことが必要です。また、新たに感染者を増やすことを防げるのです。そのためにも定期的にクラミジア検査を受けるというのは、重要性があるのです。クラミジアの検査は、男性だと尿検査を行います。女性の場合ですと子宮頸管からの分泌物を調べます。クラミジアに感染したと思われる日から2、3日経過していれば、検査が可能になります。淋病など、クラミジア以外の性病に感染している可能性もあるので、同時に検査したほうがよいでしょう。

 

クラミジアの自宅検査キットはこちら

カンジタの検査について

カンジタは女性がなりやすい性病の一つです。男性でもカンジタに感染するケースはありますが、事例としては少ないようです。これは性器の構造が女性と男性で異なることが原因と思われます。カンジタの症状としては、痒みを感じたりするので、不快感を伴います。体調が悪かったり、体力が落ちているときなどに発病するケースが多いようです。カンジタ菌に感染していても症状がでないこともあります。検査をすれば、カンジタ菌に感染しているかどうか調べられます。一般の人が簡単に検査できるようにパッケージになっているカンジタ検査キットが販売されています。主にネット通販で販売されているので、PCやスマホからの注文が可能です。カンジタ検査キットの使い方は、とても簡単ですよ。綿棒のような器具で、局部をこするようにすればいいだけです。後は蓋をして郵送すれば専門の検査機関で調べてもらえます。結果は郵送で通知かインターネットの管理画面で確認することになります。カンジタ菌に感染しているかどうか、気になっている人は、カンジタ検査キットを試してみてくださいね。

 

参考になるサイト カンジタ検査キット 通販

HIVの検査について

ここでは、HIV検査について述べましょう。エイズの予防に関する知識が広まったにもかかわらず、日本でのHIV感染者数は増加の傾向にあります。これは不特定多数の異性や同姓と性交渉をもつことやコンドームの不使用などが原因と思われます。やはり、HIV感染に関する認識が甘い人がいるのでしょう。定期的に検査を受けてHIV感染を早期発見するというのも感染拡大の予防には効果的です。しかし、検査を嫌がる人がいるのも事実です。検査結果を知るのが怖いからHIV検査を受けないというように、先延ばしにしてしまっている人もいます。最近では、自宅でできるHIV検査キットの通販が普及しています。HIV検査キットを取り扱う業者のなかには、自治体から衛生保健所として認可を受けている業者もあります。HIV検査キットの結果は、ある程度の信頼性があると考えていいでしょう。エイズに関しては正しい知識を持って、予防に努めれば、感染する可能性は低い性病といえます。クラミジアや淋病といった代表的な性病に比べれば、HIVは感染力が弱いのです。みなさんも、HIV検査キットを試してみてくださいね。

 

HIVの推薦サイト 自宅 HIV検査キット


ホーム RSS購読 サイトマップ